株式会社サフィックス

  1. TOP  
  2. BLOG  
  3. 2018年10月  

BLOG

株式会社サフィックス STAFF BLOG

予ing

弊社スタッフが更新するブログです。

こんにちは。
前回は「ローマン体」についてでしたので、今回は「サンセリフ体」を見ていきたいと思います。
サンセリフ体は「serif(セリフ)」が「sans(サン)=ない」書体で、ローマン体に見られるセリフがありません。
ローマン体と同様にサンセリフ体も特徴によって分類できますが、今日は使用例をあげてみたいと思います。

まずはロンドンの地下鉄
TUBE(チューブ)と呼ばれ、駅の表示や路線図などのデザインが親しまれており、様々なグッズも販売されています。Edward Johnston(エドワード・ジョンストン)氏が1916年に生み出した「Johnston」という書体が使われています。1979年に「New Johnston」が再デザインされ、Johnston誕生から100年が経った2016年にもデザインが変更されています。

次にパリのシャルル・ド・ゴール空港
Adrian Frutiger(アドリアン・フルティガー)氏によってつくられた「Frutiger」という書体が使われています。
遠くからでも数字やアルファベットの違いが見やすく、ゲートの表示などにぴったりです。

これらの例からもわかるようにサンセリフ体は視認性が高く、道路標識や見出しにも利用されています。
もうひとつ、近年増えているオンラインの展開にも適した書体といえそうです。
PCでもタブレットでもスマートフォンでも見やすいことが求められる場面では、拡大縮小してもしっかりと読めなければなりません。
「Google」のロゴも何度か変更され現在はサンセリフ体ですが、そんなことも理由の一つなのかもしれません。

↓様々なサンセリフ書体。どこかで見かけたことはありませんか?

sans_serif_01.jpg

おはこんばんちは、アルバイトスタッフNです(`・ω´)

皆さん秋と言えば何が浮かびますか?(*´∀*)

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋...

色々ありますが、私はコスモス畑が見に行きたいです。

写真を撮ろうとせがまれているので探しに行きたいと思います。


某日、元職場の店長に遭遇しました。

めったに通らないルートで駅まで向かい、あぁゲーセン変わってるな...と思っていたら、
店頭に出てきた見覚えのある
ゆるくてチャラい風貌。

お相手も気づいたようで「おひさ~(・∀・)ノシ」くらいの軽いノリでした。
現状としては、お店は親会社が変わってしまい店名を変更しただけとの事で安心しました。

当時からのコンセプトでコスプレ接客は変わらず、私もほぼこの時期にコスプレして接客してた頃が懐かしいです。

(ミニのメイド服はやめてくれー...某スクールアイドルゲームの制服を選びましたよっと)

また接客しに来てよ、と言われましたがもう年齢的に無理あるのでは...(苦笑)

職場の近くにも複数の顔見知りがいるので、色々と悪い事は出来ませんね...いや、しませんが()

店長の写真は無いので

朝にスタバで撮った写真を載せておきますね(ω)

DSC_0108.jpg

expand_less
Copyright©2011-2020Suffix, Inc.AllRightsReserved.