株式会社サフィックス

  1. TOP  
  2. BLOG  
  3. カラーブランディング  

BLOG

株式会社サフィックス STAFF BLOG

予ing

弊社スタッフが更新するブログです。

 

デザインチームのYです

最近、Bianchi(ビアンキ )のロードバイクを買いました

Bianchiは、現存する世界最古の自転車メーカーで、

イタリアのミラノから少し離れた街にあります。

『チェレステカラー』と呼ばれるエメラルドグリーンのような

爽やかな青緑のブランドカラーが印象的です。

こちらの『チェレステカラー』ですが、毎年微妙に色が違うのです。

職人が空の色を見て調合しているから毎年違うらしい、なんて言われ方をしていますが、

個人的には、いい加減なだけじゃないかと思っています(笑)

その方が、実にイタリア人らしくて好きです。

例えば、Tiffany & Co.の『ティファニーブルー』は厳密なルールのもと色を再現することが求められ、

長い歴史も含めて、色彩の商標登録が認められたくらい有名です。

それとは対照的に、Bianchiは色を微妙に変えることで、職人の温もりや遊び心を感じさせています。

色の移り変わりをブランディングに活かすという、現代においては稀有な存在なんですね。

これも長い歴史があって成り立つことです!

さて、印刷物を作ると特に実感するのですが、

エメラルドグリーンという色は、思い通りに出すのが非常に難しい色です。

特色を使わない限り、だいたい色が沈んでしまいます。

ですからエメラルドグリーンをコーポレートカラーにしている企業には、

印刷物を作る上で、それなりの気概を感じます(職業病)

エメラルドグリーンを使っている代表的な企業としては、Tiffany & Co.、花王、ニトリなど。

企業以外で思いつくのは、東北新幹線E5系はやぶさ、初音ミク、缶コーヒーのエメラルドマウンテン。

エメラルドグリーンを辞めた企業としては、化粧品会社のオルビスがあります。

2018年にエメラルドからグレーのロゴに変更されました。このリブランディングの話も大変面白いので、気になる方は調べてみてください。

逆に、2020年に就航が予定されているZIPAIR Tokyoが濃いめのエメラルドグリーンをロゴに採用したことは、

エメラルドグリーン界の明るいニュースとなりました(笑)

アートディレクションはSIXの矢後直規さんです。

エメラルドグリーンにまつわる話を色々書いてきましたが、

長く愛されるカラーブランディングについて考えている、Yでした。

expand_less
Copyright©2011-2019Suffix, Inc.AllRightsReserved.