株式会社サフィックス

  1. TOP  
  2. BLOG  
BLOG

BLOG

株式会社サフィックス STAFF BLOG

予ing

弊社スタッフが更新するブログです。

こんにちは、デザインチームのAです。

ここ最近急に寒くなり、コンビニおでんが恋しい今日この頃。


色の話第2弾、今回は組み合わせについて。


赤と青ならライバル同士、緑と白なら冬の森、白と黒ならオセロと、

単色では抽象的なイメージしかありませんが、組み合わせることでイメージが具体的になっていきます。


例を出すと以下の通り


アセット 7.png


こんな組み合わせも。

2色でも十分それぞれのイメージが付くので、何かデザインするときは「2色スタート」すると

制作がしやすくなるのではないでしょうか。



・・・そういえば、私の服が「白」「黒」「灰」多めなのはどういう心理なんでしょうか....

has.png

cssは親から子参照することによって装飾内容を指定できますが、基本的にその逆はできません。

<ul class="list">
<li>リスト1-1</li>
<li>リスト1-2</li>
<li>
リスト1-3
<ul>
<li>リスト2-1</li>
<li>リスト2-2</li>
<li>リスト2-3</li>
</ul>
</li>
</ul>

例えば上記のようなリストで組まれているときに
ulを入れ子にしているliにだけcssで変更する場合、以下のような書き方になると思います。

ul li:nth-child(3) {
background: #ff0000;
}

これがn番目ではなく
何番目のliタグであろうとulが入れ子になったら、その該当するliだけにcssが適用される
というような指定ができれば、nth-child(n)で上から数えて何番目かというのがなくなるので便利になるかと思います。

その方法が以下になるのですが、cssとしては使用不可。残念です。

li:has(> ul)

ですが、jqueryだと逆参照が可能になります。

<script>
$(function(){
$("li").has("ul").css("background","#ff0000");
});
</script>


これならばli内にulをもってる要素のみcssを適用できます。
今はjqueryのみですが、css4が登場するとしたらその時に実装されると思われるので使用できる日が楽しみです。

こんにちは(^^ゞアルバイトスタッフです◎

さてさて、突然ですがみなさまには観劇の趣味はございますか?

自分には(趣味と呼べるレベルでは)無いです!(^O^)

ですが今回は宝塚のお話をふわ~っと書こうと思います、ゆるくお付き合い下さいませ 笑

(諸々のクオリティで量ると間違いなく一流と呼べるものですので、一度見ておいて損はないかと思います

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

和柄2.jpgのサムネイル画像

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

今回花組の和物だったので、添付はそれと絡めまして...

やっぱり宝塚は良いですね♥

(後半TU●Eのような衣装でT●レボリューションしだしたことは触れないでおきます。脚本め)

見終わった奥様達が「踊り出したい」とか「歌いたい気分」とか、浸ってしまうのもごもっともです...

~ そんな中自分は今回出てきた衣装について考え、裁縫欲を募らせめらめら帰路につくのであった ~

こんにちは~♪
先日SNSでバズっていたお店に行ってきました☆

180910.jpg

じゃーん!
そう!クリームソーダです(^^)

たまたまSNSで見たお店の近くに行く予定があったので、
突発的に一人でクリームソーダを食べてきました(笑)

最近クリームソーダが流行っていますよね。
SNSやテレビなどで以前より見かける機会が増えたと思います!

かき氷やパンケーキのお店が増えてきたときを彷彿させるような流行り方をしているような気がします。

★お店によって個性が出る味と見た目
★SNS映えする見た目
が流行る条件なのかなと勝手に分析してみました(^^ゞ

SNS映えするのはもちろん重要だとは思いますが、
何よりお店ごとに味や見た目を比較できるのが流行る要素なのではないでしょうか?

クリームソーダもお店によって全く味も見た目も違っていて、
目でも舌でも楽しめるのが良さだと思います♪

また色々と新しいお店を開拓していきたいです☆

こんにちは。
今日も書体について書きます。

欧文書体にはセリフと呼ばれる装飾のある「ローマン体」
セリフがない「サンセリフ体」があります。
ローマン体はセリフ体とも呼ばれます。
サンセリフは「セリフがない」という意味です。

今回はローマン体をいくつか見ていきたいと思います。
セリフが具体的にどの部分かというと、下の赤い部分です。

serif01.jpg

ローマン体の歴史は古く、セリフは石に彫った文字に由来します。
石に刻まれた有名な文字にローマのトラヤヌス帝の碑文があり、
後にこの文字に基づいて Trajan(トレイジャン)という書体がデザインされました。
「タイタニック」をはじめ、多くの映画広告に使われています。

serif02.jpg

セリフの形には大きく分けて3つの種類があります。
まず、「ブラケットセリフ」。セリフが緩やかなカーブになっています。
代表的な書体に Garamond(ギャラモン)があります。
伝統的で洗練された印象があります。

serif03.jpg

次に「ヘアラインセリフ」。細い直線のセリフです。
代表的な書体に Bodoni(ボドニ)があります。
雑誌や広告でもよく見かけます。

serif04.jpg

もう一つは「スラブセリフ」。セリフは直線で他の部分と同様の太さです。
代表的な書体に Rockwell(ロックウェル)があります。
力強く、見やすい書体です。

serif05.jpg

以上、代表的なローマン体を簡単に紹介しました。

expand_less
Copyright©2011-2019Suffix, Inc.AllRightsReserved.