株式会社サフィックス

  1. TOP  
  2. BLOG  
  3. デザインチーム  

BLOG

株式会社サフィックス STAFF BLOG

予ing

弊社スタッフが更新するブログです。

こんばんはデザイナーのYです。

最近、ハイブランドの価格がなぜ高いのかを勉強していて、
それをWEBサイトの制作に置き換えたときに
私なりに腑に落ちる発見がありましたので書こうと思います。

エルメスを筆頭に、グッチやシャネル、セリーヌ等々、
ハイブランドと呼ばれるものはデザイン料が高いです。

ハイブランドにいる有名なデザイナーは、
死ぬほどの努力をして勉強しています。
例えばグッチの元デザイナーのトム・フォードは
「色気はネクタイを緩めたときに生まれる」というようなこと言っていたのですが、
どういうことかと言うと、完璧に整ったスーツスタイルから
ネクタイをぐいと外すとスタイルが崩れ、
そこに色気が宿って格好良いと言うわけです。

専門用語で説明すると、デコンストラクション(脱構築)という手法があり、
伝統的でフォーマルなスタイルの中に、どこか一つ崩しを入れることです。
どこにどのような崩しを入れるか、それをトップデザイナーの方々はめちゃめちゃ勉強していて、
デザインに至るまでの理由を哲学的なところまで落とし込み、
見極めに何度も時間をかけ、美しいものを生み出し続けているわけです。

だからデザインの値段が高いわけなんですね。

前置きが長くなりましたが、最近よく見るWEBサイトの中に、
写真や文字をズラしたりして崩しているのをよく見かけませんか?
これ、デコンストラクション的な手法ですよね。

blog191216.png
参考サイト:https://frame-optik.de/

これまで、WEBデザインの様式は機能に従うものだったのに対して、
基本形を崩して、遊びが入ってくるようになりました。
グリットレイアウトに対して、ノングリットレイアウトあるいはブロークングリットレイアウトと言われています。

ただ単に崩せば良いというものでは無くて、
基本が完璧に出来ている上で、流行に合わせた崩しを入れるからこそ
成り立つ格好良さがあり、そこには勉強が不可欠です。

ハイブランドもWEBデザインも何でもそうですが
よく原価を引き合いに出して「何でこんなに高いの?」と言う人がいらっしゃいます。
でも、それはリテラシーが低いだけなんです。
分かりやすいもので説明すると、書籍は紙とインクだけで出来ているので原価で考えたらものすごく安いはずです。
それが本屋さんでは単行本一冊1,500円前後で売られていますが、高いと感じたことはありますか?
本を原価で考える人は少ないですよね。

書籍と同じように、洋服やWEBデザインや世の中のありとあらゆるクリエイティブには、
作り手の知識や技術が込められてデザインがされているわけで、だからそれなりの値段になってきてしまうんです。

まとめ
2019年は崩しすぎのサイトも多く、見づらくなってしまったサイトも多かった印象ですので、
個人的には、崩すのはサイトの一部だけに抑えて、ある程度整ってくるのが2020年かなと思っています。
こうした流行の先読みも含めてデザインの値段になっていることを、お客様とも共有していけたら良いです。
Yでした。

こんにちはデザイナーのYです。

表参道GYRE GALLERYにて、
チェ・ジョンファ『Blooming Matrix 花ひらく森』を観てきました。

IMG_5042.JPG

チェ・ジョンファ氏は、バルーンを使ったり、色々な日用品を積み重ねて塔にする作品で有名な、韓国の現代アーティストです。
2018年の平昌冬季オリンピック・パラリンピックでは、開会式、閉会式のアートディレクターを務めたりもしていて、まさに韓国を代表する作家。

やっていることは単純ですが、徹底して積み重ねていくと、
突き抜けた表現となっていて、すごく好みでした!

IMG_5030.JPG
IMG_5027.JPG
IMG_5024.JPG

こちらのギャラリーは商業ビルの一角にあるのですが、
そのビルの吹き抜けに作品があって、
めっちゃ良いです〜!

IMG_5039.JPG

小さなギャラリーの割に作品数が多かったので、
密度が高く、結構オススメの展示となっています。
表参道に行かれる方はぜひチェックしてみてください。

表参道のイルミネーションが綺麗すぎて、そして恋人ばかりで泣いたTT
Yでした。

こんにちはデザイナーのYです。
good design companyの水野学さんの著書『グッドデザインカンパニーの仕事―1998‐2008』を拝読しました。

水野学さんは2003年にJAGDA新人賞を受賞されてから、今も第一線で活躍するトップデザイナーです。
代表作はdocomo iDのロゴ、農林水産省のロゴ、くまモン、中川政七商店のブランディング、ラーメンズの公演ポスターなどなど。

水野さんがデザイン会社のDRAFTに入社する話、そこからすぐに独立してgood design companyを立ち上げ、
携わった仕事を紹介しながら、コンセプトやラフを相当な数作る苦労の軌跡を紹介しています。

その中で、私が好きなエピソードは、名刺を縦型と横型どちらにするかの話。
大人しい女性の名刺をデザインするにあたり、もっと相手に近づいて欲しいからという理由で、横型の名刺にしたそうです。
横型の名刺の方が、相手に渡すときの距離が近くなりますよね。
水野さんの微細な感覚が分かる、とても素敵なエピソードです。

また、水野さんは奥様もプロデューサーとしてgood design companyに関わっています。
そのあたりは、佐藤可士和さんや佐野研二郎さんらと共通していて、
夫を支える奥様の力があってこその成功だなというのを感じさせます。


この本ではそういったクリエイティブにまつわる話が中心で、
どうやってその仕事を取ってきたのか、独立してからの営業やお金の話などの、
クリエイティブ以外の苦労は何も書いてありません。

フリーランスなどで独立した経験がある人なら分かると思うのですが
営業しなくては仕事が始まらないので、そのあたりが一番知りたいところではないでしょうか。
あまりにも都合良く仕事が入ってきていて、そこが不自然というか。
どうやって営業したんだろうというのは不明でした。

なので、水野さんの他の著書も読んでみて、そこで補完できたらと期待しています。
Yでした。

博客里面突然出现了中文,估计在阅览公司首页的人会吓一跳吧。

大家好,我是设计组的Z。

今天开始会时不时用中文来更新!请多多关照!

前几天朋友做了关于丝网印刷的工坊,

因为在大学时有选修相关的课程,我也去当了半个老师。

像这样

スクリーンショット 2019-11-28 14.52.10.pngのサムネイル画像

之前在大学时都是用的很大的网版,并且还用了很大的紫外线烤灯。

这次是用的可以在家里非常便利就可以体验丝网印刷的工具,
我也是借此机会第一次用这么方便的方法。

用到的是下图这样的工具!

41ESxUzCV1L._AC_.jpgのサムネイル画像


简单说一下丝网印刷的原理,

其实就是利用感光胶之类的介质把网版上除了图案部分的小孔堵住,

让颜料能从其余的畅通的孔中通过,从而印刷在载体上。


(好理解吗?)

IMG_0937.jpegのサムネイル画像

IMG_0938.jpegのサムネイル画像


这次用到制版的工具不需要紫外线就能完成,所以非常便利的就完成了!

但是!原材料真的太臭了!我是带着口罩完成的。

(不过有人很喜欢这个味道 怎么会这样!)

没想到这次工坊大家都非常顺利的完成了作品,

之后有机会的话我应该也会在家里自己尝试做做看,感觉可以做好多东西!

说不定明年的年贺状也可以在家里用丝网印刷做了呢!

こんにちはデザイナーのYです。

先日、日比谷ミッドタウンで催されていた『南貴之の頭のなか展』に行きました。

南貴之さんは「グラフペーパー」というアパレルブランドを立ち上げた方で、

元々はセレクトショップのバイヤーをされていたクリエイティブディレクター。

私も最近まで知らなかったのですが、日比谷セントラルマーケットを南さんがディレクションされていたことで気になり、注目するようになりました。

クリエイティブディレクターというのを一言で説明するのは難しいですが、南さんの場合は目利きが仕事といったところでしょうか。

今回の展示では、南さんがドイツ、オランダ、ベルギーなど約4,000kmを旅して厳選した家具やヴィンテージを展示販売すると言うことで、一体どんなデザインに惹かれたのか楽しみにしていました!

椅子や机、雑貨、陶器など、結構な品数に圧倒されながら、

その中で、年期の入った素朴な木製のスツールの前で私は足を止めました。

スツールの上のボードに、シャルロット・ペリアンと書いてあります。

blog03.jpg

シャルロット・ペリアンはフランス人建築家で、コルビジェの事務所にいた女性なのですが、日本とも非常に親交が深かったことで有名ですね。

私も学生時代に椅子のミニチュアを作る授業がありましたが、シャルロット・ペリアンの「回転式椅子」を選んだくらい好きな建築家です。

カーブが可愛いんです。

それにしても、こんなところでシャルロット・ペリアンに出会うとは。

そして値段を見ると、35万円...!? 木のスツールがこんな値段になっちゃうんですねと驚きました。 パッと見で、こういった価値が分かる目利きってすごいなぁと、

思わずため息をついた、Yでした!

blog02.jpgblog04.jpg

expand_less
Copyright©2011-2020Suffix, Inc.AllRightsReserved.