Blogブログ

Scroll

いい○○の条件

suffix_yukawa

こんにちは、Yです

私のまわりには結婚願望が強い人が多く、

「あ~、いい人いないかな~」 

とこぼす人が多いです

皆さんにとって、

いい人って、どんな人ですか?

いしています。

  • 笑顔が素敵な人
  • やさしい人
  • 経済力がある人
  • ユーモアがある人
  • 子供好きな人
  • 思いやりのある人
  • 土日休んでくれる人
  • 買い物に付き合ってくれる人
  • 記念日を忘れない人
  • 浮気をしない人
  • 褒めるのがうまい人
  • 誠実な人


などなど、いい人の基準は、

求める人の年齢や趣味や価値観によって

様々に変わってくると思います。

私のまわりは、経済力がある人が人気ですね(小声)

なので沢山の異性から「いい人」としてモテるためには、

相手のことを理解し、気を遣い、親切に向き合い、

価値観を合わせていける人が、モテる人なのではないでしょうか。

さて前置きが長くなりましたが、

これを「いいデザイン」と置き換えて考えてみてください

皆さんにとって、

いいデザインって、どんなデザインですか?

  • 長く使い続けられそうなデザイン
  • シンプルなデザイン
  • 流行を取り入れたデザイン
  • 緻密で機能的なデザイン
  • コンセプトが面白いデザイン
  • 言いたいことが伝わるデザイン
  • 合理的なデザイン
  • 手仕事の温かさを感じるデザイン
  • 見たことがないデザイン
  • 有名な人が作ったデザイン
  • 印象に残るデザイン
  • 美しいデザイン


いいデザインの基準も、

その人が求める目的や用途によって、

様々に変わってくるわけですね。

いい人を選ぶのと、同じようなことなんです

先ほどと同じことをデザインに置き換えて書きますと、

沢山のお客様から「いいデザイン」の評価を得るためには、

お客様のことを理解し、気を遣い、親切に向き合い、

価値観を合わせていけるデザイナーがモテるはずなのです。

なので、私たちデザイナーとしては

選ぶ人の基準をよく理解しておくことが

いいデザインを作る最適解になると思います。

自己主張するよりも、たくさん共感できる方が、

デザインはきっといい方向に行くはずです。

そんなことを思いながら、今日もお客様にお会いしています。

PAGE TOP