Blogブログ

Scroll

Zabbixの夜間アラートの設定変更

suffix_kusakawa

弊社ではZabbixでサーバーやウェブサイトの死活監視を行ってます。

専用サーバー、クラウドサーバー、VPSなどなど。

契約監視しているサーバーは多数あるのですが、

検証用のロースペックVPSでは事あることにアラートを発報しております。

(今日も頑張って関しているな!とZabbixの動作確認には良いですが。)

特にこの二点。

Problem: Lack of free swap space on ****

Problem started at **:**:** on ****.**.**
Problem name: Lack of free swap space on ****
Host: ****
Severity: Warning
Original problem ID: ****

Problem: Disk I/O is overloaded on ****

Problem started at **:**:** on ****.**.**
Problem name: Disk I/O is overloaded on ****
Host: ****
Severity: Warning
Original problem ID: ****

良くアラートが飛んできます。

日中は良いのですが「Disk I/O」は深夜バックアップやら何やらのたびに、

アラートメールが飛んでくるので検証用Zabbixの設定を変更します。

{Template OS Linux:system.cpu.util[,iowait].avg(5m)}>20


の設定を変更します。

そんなに難しくないのですが、下記のように記述し、

午前3時~午前5時まではトリガーを発動しないように変更。

( {Template OS Linux:system.cpu.util[,iowait].avg(5m)}>20) and (({Template OS Linux:system.cpu.util[,iowait].time(0)}>050000) or ({Template OS Linux:system.cpu.util[,iowait].time(0)}<030000))


「and」を「&」と書いたり、「or」を「|」と書くとエラーになりました。

PAGE TOP