Blogブログ

Scroll

源ノとジブリ。

suffix_yukawa

デザイン部のYです。

緊急事態宣言の解除から、

ようやく映画館や劇場が営業を再開しましたが、

映画館では1席ずつ空けて座らなければならない状況で

なんだか寂しい状況は続いています。

ですが、TOHOシネマズではジブリの名作を上映していて、

私も『ゲド戦記』と『千と千尋の神隠し』を観に行ってきました。

金曜ロードショーで何回も放送していたりしますが、

映画館で見ると、やっぱり良いですね。

興行収入ランキングで見ると、ジブリ作品が3週間くらいずっと上位を独占しているので、

新作映画の公開が少ないとはいえ、改めてジブリコンテンツの偉大さを思い知らされました。

さて前置きが長くなりましたが、

今回はフォントの話です。

源ノ明朝、源ノ角ゴシックというフォント、ご存知でしょうか。

AdobeとGoogleが共同で開発したオープンソースのフォントで、

日本からAdobeの西塚涼子さんを中心にデザインがなされています。

2017年にリリースされた新しい書体ですが、

Adobeでは源ノ、GoogleではNoto serifという名前で提供されているので

たびたび混乱が起きるフォントです。

このAdobeで源ノと呼ばれているフォント名、

そのネーミングには1年以上の歳月をかけて検討が重ねられたそうなのですが、

『源』と『明朝』のあいだに『ノ』を挟んでいることに深〜い理由がありました。

『風"の"谷のナウシカ』や『魔女"の"宅急便』『千と千尋"の"神隠し』のように、

宮崎駿さんの『"の"の法則』を使うことで、日本語のイメージを加えたというのです。

宮崎駿さんも偉大ですが、『の』の貢献度ってすごい!

PAGE TOP