Blogブログ

Scroll

デザインの輪郭

suffix_yukawa

こんにちはデザイン部のYです。

私が好きなデザイナーさんに深澤直人さんという方がいます。

プロダクトデザイナー、多摩美術大学教授で、KDDIの携帯電話「INFOBAR」や

プラスマイナスゼロのドーナッツ型の加湿器や、無印良品の壁掛けのCDプレイヤーが有名です。

そんな深澤さんの著書『デザインの輪郭』が出てから、もう10年ほど経つのですが、

デザインを志す人にとっては、バイブル的な一冊になっています。

深澤さんのデザインは、デザイナーらしい奇抜な色使いやエッジの効いた形とは真逆で、

シンプルでとても日常的、生活に溶けるものが多いです。

大きすぎず小さすぎず、丸くしすぎず、主張しすぎず、

シンプルで日常に溶け込んでいる形は、

自然すぎて記憶に残らないくらい無駄のない美しさがあって、

深澤さんは、その「ふつう」の輪郭をデザインしています。

一見「ふつう」に見えるけど、じゃあ「ふつう」ってどこなの?という、

「ふつう」を提唱し始めたことが評価され、

今のデザイン教育にもかなり影響を与えたと思います。

「デザインとは、デザイナーがこねくり回して、
 赤だ。黒だ。と、自己表現のために行うモノではない」

肝に銘じて、頑張りたいと思います。

PAGE TOP