株式会社サフィックス

  1. TOP  
  2. BLOG  
  3. 2019年10月  

BLOG

株式会社サフィックス STAFF BLOG

予ing

弊社スタッフが更新するブログです。

特にタイトルに意味はないです。

どうも、下町の大衆的な居酒屋で焼き鳥片手に飲む焼酎の美味しさに目覚め、とうとう飲めないお酒がほぼなくなったスタッフです。

今までは芋焼酎が苦手でしたがいきなり飲めるようになるもんですね。

一年で一番過ごしやすく、大好きな季節になってきました。

一年中秋でいてほしいと思うレベルです。

個人的に秋と言えば同人音楽イベントのM3とワインのボジョレー・ヌーヴォーと大好きなチーズのモンドールのイメージが強いですね。

M3がある時は大体仕事が終わって帰って日付けが変わってから朝まで曲を作ったりと追われる日々だったりし、

それが終わればボジョレー・ヌーヴォーの季節で毎年記憶を無くし・・

(3年連続ラッパ飲みして服がワインレッドに染まってます)

家飲みするときに贅沢にモン・ドールを食べてと秋は毎年楽しみです。

写真は全然関係ないけど今盛り上がってるラグビー関連で

いきつけのバーにNZ代表のあのオールブラックスの選手が来て

オーナーさんが記念にとTシャツを作っていたので記念に写真撮ってきました。

IMG-1325.jpg

こんにちは!デザインチームのYです。

先日、会社に出社した時の出来事。

エントランスがハロウィン仕様になっていました!

IMG_4842.jpg

社長が飾り付けを頑張ったみたいです(笑)

エントランスがこういう会社だと、

中も覗いてみたくなりませんか?

実は社内もちょっとしたハロウィン仕様になっています。

デザインチームとしては、次のクリスマスに向けて、

エントランス作りができたら楽しいですね。

(年末に向けて制作案件も増えていますが♪)

最後に、このあいだ映画『ジョーカー』を観たのですが、

今年のハロウィンはジョーカーのコスプレをする人が多いのではないかと思いました。

そうなったら悪夢だなと思って、今年のハロウィンは外出を控えたい、Yでした。

こんにちは!(*^^*)

アルバイトスタッフNです\(^o^)

最近の自分は、推しのぬいぐるみを集めるのに必死なのですが
最近「アイナナ」のもっふもふな可愛いぬいぐるみが出たので、ゲームセンターに行ってきました!

まぁ、結果としてはUFOキャッチャーなので取るのが難しくまぁまぁな金額が掛かってしまいましたが

無事!取れました!!

EHjsPLtUUAUr1oC.jpg

めちゃくちゃ可愛くないですか??←

アイナナ界隈では、このシリーズのぬいぐるみは発売開始と共に瞬く間にゲームセンターから消えていく
大人気商品なんです...

今回のは、前のタイプのぬいぐるみなんですがすぐに品切れの大人気商品だったので念願の再販でした(*´∀`)

再販当日にゲームセンターに寄る事ができなかった自分はもう駄目かと諦めていましたがまだ居てくれました\(^o^)/

今回のぬいぐるみ以外にもアイナナのぬいぐるみはたくさん種類があり、自宅にたくさんあるのですが
とてもお見せ出来る部屋では無いので、今回は辞めておきます(笑)

今回は自分の推しがいた第一弾でしたが、来月から第二弾、第三弾とどんどん登場するので
久しぶりにゲームセンターに入り浸る事になりそうです(笑)

ぬいぐるみちゃんと整理して飾らないとな...としみじみ思うNでした...(笑)

では、また(*^^*)」

こんにちは!デザインチームのYです。

今回はK-POPのCDジャケットデザインについて書きたいと思います。


K-popが流行り出してから、早いものでもう10年近くになりますが、

流行当初はそのパッケージデザインに衝撃を受けました。

CDパッケージがとにかく自由なんです。

巨大だったり、三角とか丸いのとか変形したパッケージが普通なので、

CDショップの棚に並べると、ごちゃごちゃになってしまいます。

IMG_4810.JPG

こうなっている理由は2つあって、

ひとつは韓国ではCDをネットで買うため、CDショップが少なく、棚に並べる習慣がないこと。

もう一つは印刷コストが安いので、規格サイズを無視したり特殊加工しても予算的に大丈夫なことが理由として考えられます。

印刷のクオリティはそれなりですが。

なので日本でK-popみたいなパッケージを作ろうとすると、

予算とか色々と制約があってハードルが高いんですね。

当時、雑誌MdNの編集長さんもK-popにハマっていて、

とあるイベントで一度お会いしたことがあったのですが、K-popはデザインも熱いよねという話で、

のちにMdN本誌でK-popのデザイン特集が組まれたほど一部では盛り上がっていました。

今でも忘れられないのが、東方神起のCD特典にトランプが付いていて、54枚すべてデザインが違っているのを見たこと(作るの絶対地獄)。

それくらいデザイナーにも凄まじい気合を感じたので、K-pop全盛期にはCDを買いに韓国まで行ったものです。

とりわけ、東方神起や少女時代、SHINeeなどのトップアイドルのほとんどを手掛けたミン・ヒジンさんのアートワークは必見でした。

続々とデビューするアーティストたちが増えていく中、それらを同時に手掛ける仕事量が凄くて、寝てるのかなこの人と思いました。

最近のK-popのパッケージデザインは、よりアート化が進んでいる傾向があるので

新譜の発売が楽しみになっている、Yでした

こんにちは。

来月、渋谷PARCOが新しくなるので、その広告が気になっているデザインチームのYです。

ホームページも独特ですね。

parco_191017.png

https://parco.jp/style/

現在のPARCOのアートディレクションはM/M(Paris)というフランスのデザインユニットが手掛けています。

広告だけでなくビョークやカニエ・ウエストのCDジャケットを手掛けたり、今、世界的に人気のユニットなのですが、

実は70年代後半~80年代に制作された井上嗣也さんらのPARCOの広告に影響を受けていたのだそうです。

そんな井上嗣也さんには、私も少なからず影響を受けておりましたので

ggg(銀座グラフィックギャラリー)で開催されていた、井上嗣也展に行ってきました。

昔のPARCO広告はもちろん、最新のアートワークも展示されていて、

最近すごいなと思っていた、サカナクションのCD用ビジュアルもポスターサイズで見ることができました。

IMG_3848.JPG

なんか馬が砂浴びしてるやつ。

これめちゃめちゃ格好いいですね

動物モチーフのCDジャケットは沢山ありますが、

個人的にはミスチルのサイとクジラに並ぶ名作ジャケットだと思いました!

サイ=Mr.Children 1992-1995ベスト盤

アートディレクション:信藤三雄さん

クジラ=SENSE

アートディレクション:森本千絵さん

レコードからCDCDからデジタルに移り変わっていく時代に、

グラフィックデザインする面積も小さくなっていますが、

近年はアナログレコード盤やLPサイズでも新譜を出すのが流行っているので、

グラフィックデザイナーにとっては良い時代になった気がします。

CDが売れない時代ですが、

インテリアの一つにしたり、アーティストを掘り下げて理解するためにも、

やっぱりCDは購入したいですね。

Yでした

expand_less
Copyright©2011-2020Suffix, Inc.AllRightsReserved.